幹事さん必見!居心地のいい居酒屋さん

楽しい時間を過ごすための、幹事さん必見の居酒屋を紹介します。雰囲気がおしゃれな居酒屋や個室居酒屋など、居心地がよければ話も弾みます!

TOP > スクラバー > スクラバーのメンテナンスについて

スクラバーのメンテナンスについて

スクラバーにつきましては、定期的なメンテナンスの実施によって、トラブルの未然防止と耐用年数の延長や性能の回復を図ることができます。スクラバーの主なメンテナンス項目としましては、外観の破損や亀裂などの目視検査や消耗品の交換などがあります。

また、タンク内部の汚れの点検や清掃もあります。排気ファンベルトの整備や循環ポンプの絶縁チェックなども重要な点として挙げられます。スクラバーには乾式と湿式があり、各々で違った作業内容があります。何かトラブルが発生した場合は、速やかに専門業者に連絡する必要があります。

ゼロエミッションを目指したスクラバー

企業に対しては環境に配慮する事が求められており、今ではゼロエミッションを目標としている企業も少なくありません。環境を汚さない様にするためにスクラバーを使用している企業もありますが、スクラバーにおいてもゼロエミッションを目標としている物もあります。

ゼロエミッションを目指したスクラバーは、他の物よりも環境により優しいという事が考えられます。スクラバーは工場内にある機械の中でも、環境への影響が出やすいと考えられます。これからもスクラバーはもちろんですが、製造の現場においてあらゆる機械がゼロエミッションに対応する様になるのではないかと考えられます。みんなで地球環境を守る事が大事です。

スクラバーで異なる循環水の処理方法

循環水を使用したスクラバーは多数存在していますが、スクラバーによって処理方法は異なります。工場が設置されている環境や、希望によって選ぶスクラバーは違ってきます。スクラバーはコストの他にもいろんな事を考えないといけませんので、自分だけでスクラバーを決定するという事が難しい場合もあります。

そんな時には、扱っている会社に要望を伝えて相談してみるといいでしょう。きっと製品選びに役立つ情報を提供してくれる事でしょう。基本的な事であれば、自分で調べると把握できる場合もありますが、専門的な事となれば、把握しきれない事もあります。調べても把握できない場合には、質問するのがいいでしょう。

スクラバーの仕組みはどうなっているのか

スクラバーは工場などで発生してしまう有毒ガスや塵などの有害物質を取り除くための装置です。別名で洗浄塔と呼ばれることもあります。

縦に長い筒状の装置で、内部には、アルカリ性または酸性の洗浄液を噴出させながら、排気中の有毒ガスや塵などの汚染物質を中和し除去していく温式と呼ばれる仕組みと、活性炭などの付着剤や高性能のフィルターを使用し排気を通過させ、悪臭などの原因となっている有毒物質を吸着する乾式という仕組みがあります。

どちらの方法でも定期的なメンテナンスが必要で、メンテナンスを徹底的に行わないと大気汚染の原因となるだけではなく、健康被害を出してしまうかもしれない装置です。

スクラバーは設置した時に検査をしておこう

設置した段階で、まずは初期の検査を行って、スクラバーが正常に機能していることを確認しなければなりません。もし設置したものが正常に作動していない場合は、当然おかしい状況になってしまい、外気に変なものが入りこんだまま出されてしまいます。これでは意味がありませんし、期待している効果を発揮してくれない状況となってしまいます。

期待している効果をしっかり発揮してもらうために、スクラバーを設置したらしっかりと確認して、検査を行ってから完了します。初期不良が起きてしまうのはとても危ないことですから、それが起こらないようにします。

スクラバーに関する記事

メニュー

TOP いろいろな居酒屋 中華料理 広東料理だけでない中華料理 ちくわ ちくわの原料 スクラバー 化学系のスクラバー

中華料理、ちくわ、スクラバーについてのお問い合わせはここ

中華料理、ちくわ、スクラバーの情報の今後増やしていきます。参考程度にしてください。